苫米地英人のセミナー「苫米地ワークス」体験者が言える範囲で内容、効果を紹介

      2016/02/16

手をかざす男性

苫米地英人博士のセミナーの中でも最も高額かつ最高峰のセミナーは苫米地ワークスだと言われています。

実は私、クラブ苫米地の年間会員特典で苫米地ワークスに一日参加したことがあるんです。

苫米地ワークスは守秘義務があるので、内容の詳細を話すことは出来ませんので、言える範囲のボンヤリとした内容で紹介してみたいと思います。

非言語による内部表現書き換え技術

言える範囲というと、それは公開されている情報です。

苫米地博士のブログで苫米地ワークスについて紹介している内容は、
・気功
・ミルトン・エリクソンの催眠療法
・英語脳
・クライシスサイコロジー
・ヒーリング(体を癒す)
等々です。

私が参加した回は気功の回でした。

気持ちいい体感を伝える

これは書籍にも書かれてる内容なので言えますが、やった内容の一つは、気持ちいい体感をイメージして、それを相手に送るというものです。どうやって送るかは守秘義務上言えないので言いませんが、効果としては実際、相手から送られてきた情報が感じられたし、自分が送った情報も感じられたそうです。

これがたったの数時間で出来るわけですから、すごいセミナーですね。

常連者はすごかった

実技のほとんどは参加者とペアで行うのですが、常連の参加者から送られてくる気は、よりはっきりとした強い体感を感じました。
はっきりという「○○な気を送ってきてるな」という体感が得られました。
初めて参加した人などのそれとは明らかに違いました。

セミナー料金は?

私はクラブ苫米地の年会会員特典(今はこの特典はない)で参加したので料金は知らないのですが、40万とか60万とかって言われています。おそらく1日10万円なのかなと思います。

高いですね!!

ですが、たった数時間で気功が出来るようになるという意味では値段に見合ったセミナーとも言えます。

お金に余裕のある人は参加してみるいいと思います。

ワークスに参加しなくても超高速脳ブートキャンプでも、苫米地流の能力開発が家にいながら出来るのでこちらもおすすめです。

※この記事は守秘義務を考慮して書きましたが、問題あるようでした、コメント欄にてご指摘ください、訂正または削除をいたします。

苫米地理論の神髄

苫米地理論の神髄は自分を変えれば世界が変わるってことです。自分を変えるとは自分の内部表現を変えるということです。

では、どうすれば、内部表現を変えられるかというと、ゴールを設定しコンフォートゾーンをずらすわけですが、そうは言ってもなかなかできません。現状を維持しようとするホメオスタシスが働くからです。

では、その現状を維持しようとする力の根源はなんでしょうか?

多くの人にとってそれはお金ではないでしょうか?

お金を稼ぐためにやりたくもない仕事をしている、それってすごくもったいないことです。

苫米地博士はwant toな(やりたい)仕事をやるべきだとおっしゃっています。

それは、自分がNo1になれる分野の仕事です。

「おれがNo1になれる分野なんてないよ!?」と思われたかもしれませんが、そんなことありません。

探せばちゃんとあるはずです。

苫米地式No.1ビジネス実践プログラムをぜひ見てみてください。

きっとあなたのやりたい仕事を見つけられると思います!

苫米地式 No.1ビジネス実践プログラム

苫米地英人博士は「お金持ちになるための一番の方法は株やFXなどの金融商品への投資ではなく、自分に投資することだ」とおっしゃっています。

自分がNo1になれる分野でビジネスをすればいいとのことです。これが本当のwant toな仕事(やりたい仕事)なんです。

「でも、自分がNo1になれるものなんてないよ?」と思われたかもしれませんね。でも、探せばきっと見つかります!苫米地博士のコーチングの師ルー・タイスは「我々の能力の限界はイマジネーションの限界だ」と言いました。

想像できることを広げられれば能力も広がるんです。

自分がNo1になれる分野を探し、その分野をどうやってビジネスにしていくか、この教材で学べます!

苫米地式英語脳プログラム

苫米地博士監修の英語教材です。

英語脳CDがついているので、全ての英語学習時にこの音源を聞くことで、学習効率が倍増します!

映像を見ながらシャドーイングするだけで、自然と英語脳が作られるプログラムになっています。

TOEICの模擬試験ソフトもあり、何度でも試験の練習が出来ます。

脳のCPUをハイスペックに変える!超高速脳ブートキャンプ

苫米地博士によると、いわゆる「頭の回転が速くなる」とは

「脳のクロックサイクルが上がること!」

なんだそうです。クロックサイクルとはコンピュータの頭脳部(CPU)の演算速度のことです。

人間の脳は、自分が普段行っている行動のペースによって、「速いか、遅いか」を感じています。

速く歩くのを習慣化すれば、速く歩いても、それが普通と感じられるようになります。

これを意図的に引き起こす科学的なトレーニングがこの教材なんです。

 - 能力開発 , , ,