苫米地英人の健康法をやってみた効果を紹介

   

力こぶ

苫米地博士というと、自己啓発や能力開発のイメージが強いですが、健康法もいくつも提唱されています。

それらを実践した結果を紹介します。

少食

苫米地博士によると、インドの山奥で修行しているヨガの行者は、超少食で長寿らしいんです。

苫米地博士も、会食の時を除けば、かなりの少食らしく、ある日の食事はコンビニで買ったそばを半分、別の日には喫茶店のカレーを半分などとかなりの小食なんだそうです。

医師の南雲吉則先生も一日一食が良いと言っていて、50代には見えない若々しい顔をされているので、小食はいいのかなと思って試してみました。

初めは、一食をおにぎり一個にしてみました。朝昼晩、それぞれおにぎり一個にして慣れていったら、昼だけおにぎり一個で朝と晩はなにも食べなくしました。

初めの内は空腹感が辛かったのですが、段々と空腹が気持ちよくなっていったのです。

お腹が空っぽなのが気持ちよく感じられて、食べるとそれがすごい勢いで体に吸収するように感じられました。

ただ、日中なんとなくフラフラする感覚があって2か月くらいで普通の食事に戻しました。

人によって合う合わないがあるんじゃないかなと思います。

体重は64kgから57kgまで減りました。私の場合身長173cmなので57kgは痩せすぎかなと思います。

今太ってる人とか太りやすい人には合ってるのかもしれませんね。

ぷるぷる気功

ぷるぷる気功は苫米地博士が気功を教わっていた張永祥先生秘伝の気功術です。

やり方は簡単で手をグーにして労宮のツボを隠した状態で体をゆすります。

何分間か体をゆすり続けていると体がほぐれてきてポカポカしてきます。

血行が良くなって、頭の回転が良くなる気がします。

治った状態をイメージする

苫米地博士の「がんを克服できる脳」という著書の中でガンを治す方法が紹介されています。

それはとてもシンプルな方法でした。

ガンが治っている状態をイメージして、その臨場感を高めるというものでした。

ポイントは臨場感を高めることです。あるがん患者はがんの腫瘍が体の外にまで腫れて見える状態だったそうです。その状態でいくら「私は健康だ、ガンじゃない」とイメージしてもその腫瘍を目にしてしまったら臨場感が下がってしまいます。だから、博士はその方に手術して腫瘍を切除することをアドバイスしたそうです。手術後、「自分は健康だ!」というイメージトレーニングをしたそうです。そして、見事完治したそうなんです。

私はこの方法を花粉症を治すのに使ってみました。

花粉症って実際に花粉が飛んでなくて、花粉をイメージしただけでくしゃみが出たりするので、イメージトレーニングが効きやすいと思ったんです。

自分は花粉症ではなく、外を気持ちよく歩いて深呼吸してるイメージをしました。外に出る時もそのイメージを維持するよう心がけたら、くしゃみがほとんどでなくなりました。

完全に花粉が気にならなくなったわけではなく、目はかゆくなったりはするんですが、くしゃみは出にくくなりました。もっとうまくイメージで着れば、目がかゆくなるのもなくせるのかなと思います。

自分に合うかの見極めを慎重に

苫米地博士はこの世界に絶対はないとおっしゃっています。
健康法も人によって合う合わないがあるので、やってみて自分に合ってるかを慎重に判断してください。

苫米地理論の神髄

苫米地理論の神髄は自分を変えれば世界が変わるってことです。自分を変えるとは自分の内部表現を変えるということです。

では、どうすれば、内部表現を変えられるかというと、ゴールを設定しコンフォートゾーンをずらすわけですが、そうは言ってもなかなかできません。現状を維持しようとするホメオスタシスが働くからです。

では、その現状を維持しようとする力の根源はなんでしょうか?

多くの人にとってそれはお金ではないでしょうか?

お金を稼ぐためにやりたくもない仕事をしている、それってすごくもったいないことです。

苫米地博士はwant toな(やりたい)仕事をやるべきだとおっしゃっています。

それは、自分がNo1になれる分野の仕事です。

「おれがNo1になれる分野なんてないよ!?」と思われたかもしれませんが、そんなことありません。

探せばちゃんとあるはずです。

苫米地式No.1ビジネス実践プログラムをぜひ見てみてください。

きっとあなたのやりたい仕事を見つけられると思います!

苫米地式 No.1ビジネス実践プログラム

苫米地英人博士は「お金持ちになるための一番の方法は株やFXなどの金融商品への投資ではなく、自分に投資することだ」とおっしゃっています。

自分がNo1になれる分野でビジネスをすればいいとのことです。これが本当のwant toな仕事(やりたい仕事)なんです。

「でも、自分がNo1になれるものなんてないよ?」と思われたかもしれませんね。でも、探せばきっと見つかります!苫米地博士のコーチングの師ルー・タイスは「我々の能力の限界はイマジネーションの限界だ」と言いました。

想像できることを広げられれば能力も広がるんです。

自分がNo1になれる分野を探し、その分野をどうやってビジネスにしていくか、この教材で学べます!

苫米地式英語脳プログラム

苫米地博士監修の英語教材です。

英語脳CDがついているので、全ての英語学習時にこの音源を聞くことで、学習効率が倍増します!

映像を見ながらシャドーイングするだけで、自然と英語脳が作られるプログラムになっています。

TOEICの模擬試験ソフトもあり、何度でも試験の練習が出来ます。

脳のCPUをハイスペックに変える!超高速脳ブートキャンプ

苫米地博士によると、いわゆる「頭の回転が速くなる」とは

「脳のクロックサイクルが上がること!」

なんだそうです。クロックサイクルとはコンピュータの頭脳部(CPU)の演算速度のことです。

人間の脳は、自分が普段行っている行動のペースによって、「速いか、遅いか」を感じています。

速く歩くのを習慣化すれば、速く歩いても、それが普通と感じられるようになります。

これを意図的に引き起こす科学的なトレーニングがこの教材なんです。

 - 能力開発 , , ,